有用タンパク質の発現から機能解析のトータルサポート事業

平成28年度より、自主事業に移行しました。装置利用を希望される場合は、こちらへお問い合わせください。

事業概要

有用タンパク質の発現から機能解析のトータルサポート事業

 東京大学大学院農学生命科学研究科および東京大学磁気力場研究連携ユニットでは、文部科学省 先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業(下記*)において、『有用タンパク質の発現から機能解析のトータルサポート事業』を実施いたします。

 本事業では、食品応用・医薬品開発・低炭素化・環境浄化に役立つタンパク質を対象に、

に使用する装置群を共用に提供し、組換えタンパク質の発現・精製から機能解析、構造解析に至る総合的な研究支援を実施します。
 また、食品の加熱・発酵・熟成による成分変化の追跡や官能試験との相関解析など の研究支援も実施します。

事業内容


*文部科学省 先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業

 「先端研究基盤共用・プラットフォーム形成事業」は、大学、独立行政法人等の研究機関等が保有する先端研究施設・設備について、産業界をはじめとする産学官の研究者等への共用を促進するとともに、多様なユーザーニーズに効果的に対応するプラットフォームの形成を促進し、もって科学技術イノベーションによる重要課題の達成、日本企業の産業競争力の強化、並びに研究開発投資効果の向上に貢献することを目的とする事業です。(文部科学省ホームページより)

お知らせ

2016.04.01
平成28年度より、自主事業に移行しました。装置利用を希望される場合は、こちらへお問い合わせください。

2015(平成27)年度の履歴を開く
2014(平成26)年度の履歴を開く
2013(平成25)年度の履歴を開く